カコトリミングスクール・カコ動物看護学院
受付時間 8:30~17:30
アクセス

在校生の声

HOME在校生の声
木下芽依さん
トリマー科1年
木下芽依さん
神奈川県立藤沢清流高等学校出身
大好きな犬たちに囲まれながら、就職先で求められるトリミング技術や社会常識まで身に付けることができます!
カコは1人1頭のトリミング実習や校内250頭のモデル犬の飼育管理など、動物とふれあえる実習の多いところが魅力です。また、実習は少人数制の授業でいつも先生が近くにいて私たち生徒をしっかりと見て指導して下さるので、アドバイスが的確でわかりやすいです。授業は2年間のスケジュールが決まっているので、基礎からしっかりと学ぶことができ、確実に技術を身に付けることができます。その他、トリミングだけではなくて獣医学や犬学の講義、接客応対やマナーなど実践的に学ぶことができるので、技術はもちろんですが、就職先で求められる社会常識を身に付けることができます。
鶴岡菫さん
動物看護科1年
鶴岡菫さん
神奈川県立相模原青陵高等学校出身
動物病院と同様の環境で、動物看護の基礎から応用、そしてトリミング技術も学びます。
動物看護科の授業は獣医学・手術実習・動物看護実習など、実践的な授業を動物病院と同様の環境で学んでいきます。その授業を指導して下さるカコの専属獣医師と動物病院の院長先生は現場経験豊富な先生ばかりで、動物病院で実際にあったエピソードを交えて教えて下さるので、とてもわかりやすく勉強になります。また、入学当初から校内250頭のモデル犬のお世話を通して飼育管理を学び、2年生の治療実習では継続的に健康状態をチェックすることで病気やケガの経過観察を学ぶなど、基礎から応用までの授業が充実しています。さらに、動物看護科でもトリミング実習があり、1人1頭でカットまで仕上げる技術が学べます。
新垣礼奈さん
夜間部トリマー科1年
新垣礼奈さん
 
説明会に参加したときに年齢や費用面の不安はなくなりました!
私は高校を卒業して、すぐに就職をしたのですが、働いていく中で自分の好きなことを仕事にしたいと思い始め、もともと動物が好きだったことからトリマーに興味を持ちました。ただ、色々と調べていくと年齢のことや費用のことなど不安なことはあったのですが、夜間部の説明会に参加したときに、授業を見学したら様々な年代の方が通っていたり、卒業生も年齢を問わず就職まで結びついているという話を聞くことができて安心しました。また、2年間の授業スケジュールで授業時間や休日などが1年先まで決まっているので、仕事との両立ができるため費用の心配がなくなりました。そして何よりも、1人1頭でトリミング実習ができることや飼育管理や接客応対まで学べる想像以上の内容でした。もともと思っていた不安もなくなったのでカコに入学することを決めました。
遠藤莉湖さん
トリマー科2年
遠藤莉湖さん
神奈川県立田奈高等学校出身
初めて出産を見たときは感動!生まれてすぐの仔犬たちを育児しています。
2年生になって産室管理実習も始まり、生後間もない仔犬から数ヶ月の幼犬までの育児をしています。仔犬のお世話では離乳食作りや排泄、健康チェックなどを分担して行なっていますが、仔犬の成長は本当に早くて数日見ないだけで大きさが全然違って驚くこともあります。また、カコでは校内で犬の出産を見る機会もあり、初めて出産の様子を見たときはとっても感動しました。最初は緊張や怖さもありましたが、何度か出産を見て、サポートの仕方や注意する点などを先生から聞いたので、今では犬の出産に落ち着いて立ち会うことができます。私は、トリミングはもちろんですが健康チェックや飼育管理もできるトリマーになりたいので、まずは学校のモデル犬たちの健康を守れるようにと思い頑張っています。
北澤ほのかさん
トリマー科2年
北澤ほのかさん
神奈川県立秦野高等学校出身
トリミング技術と接客力を磨いてお客様に満足してもらえるプロになりたい!
カコには校内に近隣のお客様が愛犬を連れて来校するので、2年生がお客様と接客してカットの要望を聞いてから、愛犬をお預かりしてトリミングをしています。最初はお客様から見た自分の印象、接客時のコミュニケーションなど、心配な点はたくさんありましたが、実際に始まってみると、お客様が優しく接してくださるので接客はとても楽しいです。それ以上に犬種によって、季節によってカットのご要望がこんなに違うと改めて気づきましたし、健康状態を確認したり、いろいろな性格の犬をトリミングしたり学ぶことがたくさんあります。1年生のころはトリミングの技術をあげることに集中していましたが、自分のカットでお客様が仕上がりに満足いただけるかが気になるなど、2年生になると責任感が違うと感じています。カコの授業はペットショップと同じような環境で学ぶことができるので、就職先のこともイメージしやすく、大切な時間を過ごせています。
小方まどかさん
動物看護科2年
小方まどかさん
神奈川県立相模田名高等学校出身
母犬と仔犬の体調はこまめにチェック!衛生管理にも気を付けてお世話をしています。
1年生は成犬のお世話をしていましたが、2年生に進級すると、妊娠犬や生まれた仔犬たち、そして子育て中の母犬のお世話が中心になります。お世話をする時に気を付けていることは、仔犬に目を取られて産後の母体のチェックや母乳の出を確認するのを忘れないことです。もちろん部屋には仔犬もいるので、衛生面をこまめにチェックして、体のお手入れが必要であればすぐに行なうようにしています。母犬には健康な状態で子育てをしてほしいですし、きれいな状態を保ってあげることで、仔犬たちも快適な環境で育つことができるので、よく観察しながら毎日お世話をしています。仔犬たちのお世話は気に掛けることが多く、成犬よりも大変ですが、学校の仔犬は本当に可愛くて毎日会えるのがとても楽しみです。入学する前よりも、さらに動物が大好きになりました。
本條智子さん
動物看護科2年
本條智子さん
東京都立小川高等学校出身
2年生は手術実習や治療実習など動物病院で行なう業務をより実践的に学びます!
2年生になると治療実習・ワクチン接種実習・検査実習・手術実習などの実践的な授業が多くあります。治療実習では獣医師の補助に入り、動物の保定法を学んだり、投薬やワクチン接種の準備などをおこなっています。手術実習では、初めて麻酔を担当した時はとても緊張しましたが、獣医師に心拍数や呼吸数を報告して、確認をとりながら行ない、無事終わったときはホッとしました。また、尿検査・便検査・血液検査などのいろいろな検査実習では顕微鏡の使い方や正確な検査結果を出せるようになるまで何度も繰り返し検査をすることができます。動物病院では、様々な業務をおこなっていくので、これから卒業までの間、動物看護師として働くために1日1日を大切にして学んでいきたいと思います。
井上明日翔さん
トリマー科1年
井上明日翔さん
神奈川県立生田東高等学校出身
達成感と努力した成果が出るトリミング実習が1番大好きな授業です。
飼育管理実習やトリミング実習、獣医学や犬学などの講義、イベントなど様々な授業がありますが、私はその中でもトリミング実習が大好きです。ただ思い返すと、最初の頃は犬によって動きや性格が違うので、慣れていなかった分だけ犬を上手にコントロールできないこともありました。でも、カコの校内には250頭のモデル犬がいるので、毎回違う犬と実習し、いろいろな性格の犬たちとふれあうことで、段々と犬がいうことを聞いてくれるようになりました。また、授業に入るときには時間を気にしたり、自分なりの目標を持ったりして毎回取り組むようにもしています。大好きな犬を自分の手できれいにできるという達成感が感じられ、努力をすればするほど成果が出るトリミング実習がとても楽しいです。
井出彩乃さん
トリマー科1年
井出彩乃さん
神奈川県立藤沢総合高等学校出身
犬を飼ったことがなかった私ですが動物の健康チェックができるようになりました。
私は、今まで犬を飼った経験がなかったので、犬の知識や扱い方など入学するまで何も知りませんでした。入学当初は不安な気持ちもありましたが、毎日学校で飼育されているモデル犬たちのお世話を行なっていくので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もついてきました。授業では、健康管理として便や尿の状態を見て1頭1頭の体調をチェックしたり、体格や食欲、皮膚など様々なところを見て動物たちの健康を守っていきます。毎日お世話をしていると、最初は気づくことができなかった犬の健康状態の違いがわかるようになって自信もついてきました。将来は、犬も飼い主さんも笑顔にできるトリマーになりたいので、プロになる意識を持って日々努力していきたいと思っています。
八木みなみさん
動物看護科1年
八木みなみさん
横浜市立桜丘高等学校出身
現役の獣医師や動物看護師の先生の授業は少人数制でとてもわかりやすいです!
校内にいる250頭のモデル犬の飼育管理実習や動物看護実習、1人1頭のトリミング実習など犬とふれあいながら学ぶことができて、毎日のように新しい発見があって、知識や技術が日に日に身に付いているのを実感しています。高校まで動物の授業を学んでいなかったこともあり、実習は少人数制で、わからないことがあれば近くの先生にひとつひとつ個別にアドバイスをしてもらえるので、安心して授業を学べています。また、現役の獣医師の先生方の実習や講義の授業は、実際に現場であった事例を元にお話をしてくださるので、わかりやすいですし、就職した後に活かせるようにメモはしっかり取るようにしています。カコの授業はすべて就職に繋がることばかりなので、学んだことをしっかり身に付けられるように頑張っていきたいと思っています。
重田楓さん
動物看護科1年
重田楓さん
神奈川県立二宮高等学校出身
動物看護実習や検査実習などの実践的な授業で私の理想の動物看護師を目指して頑張っています!
私が動物看護師になろうと思ったのは、自宅で飼っていた猫の体調がわるくて入退院を繰り返ししていたときに、動物看護師さんが最後まで愛猫の近くで寄り添ってくださって、不安そうにしていた私たちにも優しく声を掛けてくれたことがきっかけです。その動物看護師さんのように動物想いで人にも優しい動物看護師になりたいと思いました。そして今、カコの動物看護科に入学し、動物看護師の基礎から学んでいます。カコでは1年生の時から、動物看護実習や検査実習、飼育管理実習など実践的な授業が多くて、動物たちの異変に気付ける観察力や保定法、検査法など様々なことを動物たちと一緒に日々学んでいます。獣医学や犬学など講義もあり、大好きな動物のこと学ぶ授業が楽しいです。私の理想の動物看護師になるための学校生活はとても充実しています。
阿出川 悠利亜さん
トリマー科2年
阿出川 悠利亜さん
神奈川県立川崎北高等学校出身
お客様の愛犬のトリミングや接客実習は緊張もしますがとても楽しいです!
2年生になって、大きく変わったところはトリミング実習の 内容です。1年次は校内のモデル犬をトリミングしていま したが、2年生はお客様の愛犬を実際にお預かりしてトリ ミングをします。そしてそのお客様との接客は私たち2年 生が行います。最初はお客様から見た自分の印象、接客 時の会話力など、心配な点はたくさんありましたが、実際 に始まってみると、お客様が優しく接してくださるので接 客はとても楽しいです。1年生のときはトリミングの技術 をあげることに集中していましたが、今は自分のカットの 仕上がりにお客様が満足していただけるかが気になるな ど、とにかく責任感が違うと感じています。カコではお客 様と接する機会が多いので、接客のスキルも上がってきま したし、ワンちゃんをお返しする際に喜んでくださると次 も頑張ろうとやる気に繋がっています!
松村 阿弥さん
トリマー科2年
松村 阿弥さん
川崎市立橘高等学校出身
母犬や仔犬たちが健康に安心して生活できるように毎日お世話しています
2年生に進級すると、妊娠犬や生まれた仔犬たち、そして 子育て中の母犬のお世話を担当します。母犬のお世話を する時に気を付けていることは、産後の体力の回復具合や しっかり母乳が出ているかを確認することです。お部屋に は小さな仔犬もいるので、衛生面をこまめにチェックして、 体のお手入れが必要であればすぐに行なうようにしていま す。母犬には健康な状態で子育てをしてほしいですし、き れいな状態を保ってあげることで、仔犬たちも快適な環境 で育つことができるので気を付けて毎日お世話をしてい ます。そして今、一番幸せを感じるのはたくさんの仔犬た ちとふれあっている時間です。ただ、仔犬のお世話は“かわ いい”や“幸せ”という気持ちだけではつとまらないので、プ ロとして守ることができるように観察していきたいです。
榎本 千夏さん
動物看護科2年
榎本 千夏さん
神奈川県立城山高等学校出身
小さかった仔犬が元気に成長する姿を見ると一生懸命やっていて本当によかったと思います
カコでは校内のモデル犬が出産します。出産前の妊娠犬 のお世話では、母体に負担がかからないように扱ってい くことがとても大事なので、特に保定に気をつけていま す。出産も私たちが立ち会いサポートするのですが、仔犬 が生まれる瞬間は、何度経験しても感動して涙が出てき そうになります。そして、生まれた仔犬も2年生がお世話 を担当します。毎日体重を量って成長を確認したり、仔犬 の成長に合わせて離乳食を作ってあげたり、健康状態を チェックしたりします。仔犬はとてもかわいいですが、小 さいだけにしっかり観察しないと仔犬の命は守れませ ん。そのためお世話は思いのほか大変ですが、仔犬の成 長はとても早く、小さかった子が元気に成長する姿を見 ると一生懸命やっていて本当によかったと思います。
横田 優里さん
動物看護科2年
横田 優里さん
神奈川県立新羽高等学校出身
1年生では座学や実習で基礎を学び、2年生でより実践的で専門的な授業に!
1年生の時は動物看護の基礎を学ぶために、座学と実習 を交互に繰り返し学びました。より専門的に学んでいくと、 犬に対して“かわいい”という目線から“看護”の目線で見る ことができるようになってきました。特に2年生になると学 校で飼育している250頭のモデル犬のワクチン接種や フィラリアの検査・投薬は、獣医師と私たちが担当します。 また、各種検査実習や手術実習があるなど実習が飛躍的 に多くなります。だからこそ、ワクチン接種の薬やシリンジ (注射器)準備、犬の健康チェック、フィラリア検査の採血 の保定、採血後の血液検査、術前術後の経過観察など、動 物と一緒に実践できるので、精度もスピードも自信を持て る技術が身に付いてきました。何より授業をすることがモ デル犬の健康につながるので、とても充実しています。
小河原 花音さん
動物看護科1年
小河原 花音さん
横浜市立横浜総合高等学校出身
大好きな動物たちの健康を守れる動物のプロになるために頑張っています
学校で飼育されている250頭のモデル犬のお世話は私た ち自身が行ないます。そしてお世話をしながら、便や尿の 状態を見て、体格や食欲、皮膚のチェックなどで動物たち の状態を把握しています。すると、最初は気づくことがで きなかった犬の状態が、飼育管理中にわかるようになって きました。そして異常に気づいた場合、すぐに先生に報告 をするようにしています。なぜなら早く報告することで動 物は適切な治療を受けることができるからです。小さなこ とでも気付くことで健康を維持できるので、校内のモデル 犬の健康を守るためにも、動物のプロになるためにも、少 しの変化も見逃さないように観察していきたいです。
鈴木 藍莉さん
動物看護科1年
鈴木 藍莉さん
神奈川県立三浦初声高等学校出身
実習も多く丁寧に教えてもらえるので安心して授業を受けることができます
看護実習では、器具の使い方や体温・心拍数・呼吸数・脈 拍などの測定方法を一から丁寧に教えていただけるので、 入学するまで何もわからなかった私でも安心して授業を 受けることができました。しかも実習は繰り返し行なえる ので、最初は気づけなかった犬たちの体調の変化も徐々に わかるようになってきました。特に検査結果の数値に異常 があったときは、行動や排泄などを細かく観察して、獣医 師に報告するようにしています。なかには、それがちょっと した病気の早期発見につながったこともありました。“動 物が好き”という気持ちで目指してきた動物看護師でした が、今では“動物たちの体調の変化に気づいてあげられる 動物看護師になりたい”と意識も変わってきました。
山﨑 友乃さん
トリマー科1年
山﨑 友乃さん
神奈川県立城山高等学校出身
カコの実習は少人数制で学べて質問もしやすくわかりやすいです
1人1頭で犬と実習できるトリミング実習や、校内250頭の モデル犬の飼育管理など、動物とふれあう授業が多いこと が魅力です。また、2年間の授業スケジュールが決まってい て、基礎からしっかり学ぶことができるので、入学当初は不 安でしたが今では日々技術が身についているのを実感して います。実習はすべて少人数制の授業なので、わからないこ とやできないところを細かく見てもらうことができます。そ して何よりも、カコの先生はみんな明るい先生ばかりでとて も話しやすく、一人ひとりをしっかりと見てくださるので、い つもアドバイスが的確でわかりやすいです。その他、獣医学 や犬学などの講義や接客応対を学ぶことができるので、技 術はもちろんですが就職先で求められる社会常識も身につ けられるように頑張っています。
古川 有美さん
トリマー科1年
古川 有美さん
横浜清風高等学校出身
毎日モデル犬たちとふれあえるので犬の扱い方や健康管理が身につきました!
カコに入学するまで、犬の知識や扱い方などほとんど何も 知りませんでした。入学当初は不安な気持ちもありました が、毎日学校で飼育されているモデル犬たちとふれあうこ とができるので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もつい てきました。いまでは便や尿の状態を見て健康チェックを したり、体格・食欲・皮膚のチェックをしたりなど、様々な 状態を見て動物たちの健康を管理できるようになってき ました。すると、入学当初は気づくことができなかった犬の ことがわかるようになり、何かに気づいた時は、すぐに校 内にいる専任の獣医師に報告をするようにしています。ト リマーとして働く中で、私たちが異常に気づいてあげるこ とで犬たちの健康を維持できるので、これからも些細な 変化を見逃さないように観察していきたいです。
浦田菜海さん
トリマー科2年
浦田菜海さん
神奈川県立百合丘高等学校出身
トリミング技術と接客技術を習得してお客様に喜んでいただきたいです!
1年次は校内犬をトリミングしていましたが、2年生はお客様の愛犬を実際にお預かりしてトリミングをします。今まではトリミングの技術をあげることに集中していましたが、自分の技術でお客様が仕上がりに満足いただけるかが気になるなど、とにかく責任感が違うと感じています。また、そのお客様との接客は私たち2年生が行います。最初はお客様から見た自分の印象、接客時の会話力など、心配な点はたくさんありましたが、実際に始まってみると、お客様が優しく接してくださるので接客はとても楽しいです。カコではお客様と接する時間が多いので、接客のスキルも上がってきましたし、ワンちゃんをお返しする際に喜んでくださると次も頑張ろうとやる気に繋がります。
鈴木柚衣さん
トリマー科2年
鈴木柚衣さん
神奈川県立新栄高等学校出身
2年生からは仔犬のお世話がスタート♪仔犬たちの成長が毎日たのしみです
1年生の頃は成犬のお世話をしていましたが、2年生に進級すると、妊娠犬や生まれた仔犬たち、そして子育て中の母犬のお世話が中心になります。カコでは、仔犬だけでも50頭くらいいるので、毎日仔犬の健康管理や食事のお世話を行なって、成長を見守っています。今、一番幸せを感じるのはたくさんの仔犬たちとふれあっている時間ですが、仔犬のお世話は“かわいい”や“幸せ”という気持ちだけではつとまらないので、細かい所も見逃さないように気を引き締めて観察しています。また、入学時から仔犬の誕生に立ち合う機会が何度かあり、命の誕生に感動したと同時に、私たちに貴重な経験をさせてくれた母犬には、「本当にありがとう!」という気持ちになりました!
外崎栞名さん
動物看護科2年
外崎栞名さん
神奈川県立座間総合高等学校出身
「治療実習」「検査実習」「手術実習」、実践的な授業で技術と知識を身に付ける!
1年次で学んだ動物看護の基礎を活かして、2年次は治療実習・検査実習・手術実習などの実践的な授業が多くあります。治療実習では様々な状況時の対処法がわからず、先生の指示を待つことも多かった私ですが、半年経った今では、その場で状況を判断して素早く動けるようになってきました。手術実習も、使用する薬や器具の準備はスムーズに終わります。先日初めて麻酔を担当した時はとても緊張しましたが、獣医師に心拍数や呼吸数を報告して、確認をとりながら無事に成功したことは自信に繋がりました。これから卒業までには不安なことがなくなるように、カコの実践的な授業で自分自身を鍛えていきたいと思います。
寺山千尋さん
動物看護科2年
寺山千尋さん
神奈川県立深沢高等学校出身
出産、育児を経験して命の大切さを実感!仔犬たちを母犬と一緒に守ってあげたい
産室管理実習では、仔犬一頭一頭の成長に合わせて、離乳食を作ってあげたり、健康状態をチェックします。仔犬はとてもかわいいですが、その思いだけでは健康に育ってはいきません。母犬と一緒になって私たちが守ってあげないと仔犬の命は守れないんです。お世話は思いのほか大変ですが、仔犬の成長はとても早く、小さかった子が元気に成長する姿を見ると一生懸命やっていて本当によかったと思います。また、妊娠中の母犬のお世話では、母体に負担がかからないように扱っていくことがとても大事なので、特に保定に気をつけています。出産のサポートも私たちが行なっていくのですが、仔犬が生まれる瞬間は、何度経験しても感動して涙が出てきそうになります。
阿部愛美さん
動物看護科1年
阿部愛美さん
神奈川県立厚木西高等学校出身
250頭のモデル犬を毎日お世話することで動物の異変に気付けるようになりました!
入学当初は不安な気持ちもありましたが、毎日学校で飼育されている250頭のモデル犬のお世話を行なっていくので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もついてきました。授業では、健康管理として便や尿の状態を見て健康チェックをしたり、体格や食欲、皮膚のチェックなど様々なところを見て動物たちの健康を守っていきます。すると、動物の飼育管理中に、最初は気づくことができなかった犬の状態がわかるようになってきました。そして何か気づくと、すぐにカコの常勤獣医師の先生に報告をするようにしています。私たちが気づいてあげることで犬たちが健康を維持できるので、これからも些細な異変も見逃さないように観察していきたいです。
山田春果さん
トリマー科1年
山田春果さん
神奈川県立瀬谷西高等学校出身
大好きなモデル犬たちとふれあいながら、学べる環境は私にとって最高です!
カコの校内には250頭以上のモデル犬が飼育されていますが、1年生はそのモデル犬のお世話を担当する飼育管理実習があります。飼育管理実習は、1頭1頭のお部屋を掃除しながらモデル犬を観察するのですが、初めのうちは性格・体格・体質などがそれぞれ違う中でバタバタしながら健康チェックしていました。でも、今では1頭1頭に合わせたお世話ができるようになり、体格・皮膚・被毛・食欲などの細かい健康チェックが早くできるようになりました。そして何よりも実習後にモデル犬たちがきれいになった部屋で喜ぶ姿を見ると、とても嬉しいですし、このかわいいモデル犬たちを自分たちの手で守っているんだと実感します。
江塚真子さん
トリマー科1年
江塚真子さん
神奈川県立市ヶ尾高等学校出身
自分で努力をすればするほど成果が出る美容実習が一番好きな授業です!
トリマーになるためには犬をきれいにするだけではなく、掃除や接客などたくさんのことを身に付ける必要があります。そのためカコではいろいろな授業を学びますが、私はやっぱりトリミング実習が大好きで、毎回の授業がとても楽しいです。ただ思い返すと、最初の頃は犬によって動きや性格が違うので、犬を上手にコントロールできないこともあり、自分にはできないかもしれないと不安になってしまった時期もありました。でも、カコの校内には250頭のモデル犬がいるので、いろいろな性格の犬たちとふれあうことで、段々と犬がいうことを聞いてくれるようになりました。そして何よりも、大好きな犬を自分の手できれいにできるという達成感を感じられるようになったので、自分で努力をすればするほど成果が出る美容実習が一番好きな授業になりました。もちろん、やりがいを実感し始めた美容も大切ですが、カコの授業は全てプロトリマーへつながるので、どんな授業も真剣に取り組んでいきたいと思います。
佐久間裕子さん
動物看護科1年
佐久間裕子さん
神奈川県立湘南台高等学校出身
動物看護と美容のどちらの面でもやりがいを感じています!
カコでは、動物看護科でも美容実習が学べます。動物看護師を目指して入学しましたが、もともとトリミングにも興味があったこともあり、最近は美容実習の日が待ち遠しいです。初めの頃は作業がなかなか進まず苦戦することも多くありましたが、大好きな犬たちを自分の手できれいにしたいという目標があるので、前向きに授業に取り組んでいます。実習では1人1頭で何度も繰り返し行なっていくうちに、さっきまで言うことを聞いてくれなかった犬がだんだん大人しくなり、自分でコツを掴めたとわかる瞬間も多くなってきました。それも、カコでは毎回の授業で異なる犬を実習できるからです。次の授業で美容を担当するモデル犬が変われば、また一からのスタート。でもまた、その犬たちに新しいことを学ばせてもらえる。その繰り返しです。今の一番のやりがいはドライング後に犬がフワフワに仕上げられたときや、リボンを付けてかわいくなったときに先生からトリミングを褒められることです。また動物看護の授業でモデル犬の健康チェックを勉強し、トリミング中に犬の健康状態をチェックできるようになったので、看護と美容のどちらの面でもやりがいを感じられるようになりました!
山田佳奈さん
トリマー科2年
山田佳奈さん
神奈川県立湘南台高等学校出身
トリマー兼動物看護師として就職が決まりました!
私は入学前から、動物病院で働くトリマーに憧れ、夢を叶えるためにカコのトリマー科に入学しました。カコではトリマー科でも獣医学が学べ、動物看護についても身に付くこともあり充実した学校生活を送っています。2年生になり就職活動が始まると同時に、学校求人を見て動物病院に現場実習に行きました。実習先の動物病院では診察や検査、手術などを何度か見学する機会があり、時々、私に出来るのだろうかと不安にもなりました。それでも“大好きな動物たちのために頑張りたい”と思い就職希望を伝えたところ、トリマー兼動物看護師として内定を頂きました。内定先の動物病院は医療設備が整っていて、獣医師も近くにいる環境でのトリミングなので若くて元気な犬はもちろん、高齢のわんちゃんの飼い主様も安心なので今から楽しみです。ただ、病院というだけで動物には怖がれてしまう事もあると思うので、動物に安心してもらえるように常に笑顔でいることを今から心掛けています。学校生活もあと半年。私自身が内定を頂いた病院の雰囲気・スタッフさんたちの人柄に魅力を感じたように、今後、私の事も飼い主様にそう感じて頂くことが目標です!
布つくしさん
動物看護科2年
布つくしさん
神奈川県立中央農業高等学校出身
人にも動物にも好かれる動物看護師になりたいです!
2年生になってから始まった接客実習や就職活動で、外部の方と会話をすることが増え、人との会話の難しさを実感しました。ご来校するお客様や就職活動で会話をする先生方は、性別や年代だけでなく話題も違います。会話をしていく中で、なかなか話が続かなかったり、思うように意思疎通が取れずに、次第に難しいと思うことが増えていきました。特に気になったことは、敬語の使い分けができずに言葉が出てこないことです。そこでまずは初心に戻って言葉使いをもう一度見直しました。カコでは日常的に言葉遣いの指導をしてくださるので、今までも先生や先輩には気をつけて話をしていましたが、さらに普段から言葉使いを意識して、自分からも積極的に人と会話をする機会を増やすように心掛けていたら、話すことがどんどん楽しくなり、自信も持てるようになりました。その後の就職活動でも、実習・面接時の応対を院長先生から褒めていただいた時は、とても嬉しかったです!お客様には“慣れていないから”や“緊張しているから”等の、こちらの都合は理由にはならないので、就職後も上司や先輩・飼い主様への態度・言葉使いに気をつけながら、人に好かれる動物看護師を目指します!
奥村夏美さん
夜間部トリマー科2年
奥村夏美さん
飼い主様の要望に応えられる動物看護師になるため、夜間部トリマー科に入学しました。
私は高校を卒業後、動物看護学科がある大学に進学して、実家の動物病院に就職をしました。実際に動物病院で働き始めてからわかったことですが、飼い主様からのご要望で多いのがシャンプーやカットなどのトリミングでした。実は、大学では動物看護の勉強はできたのですが、トリミングは一切教えてもらうことができなかったので飼い主様のご要望にお応えすることができませんでした。そこで、飼い主様の要望に応えられる動物看護師になるため、夜間部トリマー科に入学しました。美容実習は、入学してすぐは基礎を磨くため校内250頭のモデル犬を1人1頭まかされ、耳掃除や爪きり、シャンプーを繰り返し学び、そして2年生になると近隣のお客様の犬を預かってカットを行ない、トリミングの基礎と応用を段階的に学ぶことができました。個々の成長段階によって犬を変更したり、実習のときは経験豊富なトリマーの先生から1人1人に合わせて指導をしてくれるので、1人で仕上げまでできるトリミング技術を身につけることができました。将来は、入院している犬や老犬などを体に無理なくケアをしてあげて、飼い主様のご要望にお応えできるプロになりたいと思っています。
大橋朱夏さん
トリマー科2年
大橋朱夏さん
神奈川県立永谷高等学校
カコの先生は明るくて元気な先生ばかりです!
カコの先生はメリハリのある先生ばかりでとても勇気づけられます。先日もカコの体育祭の紅葉祭で、普段真剣にトリミングや授業をしている先生と思いっきり楽しんだり、そうかといえば、授業中はきめ細かいアドバイスをしてくださるので、とても参考になります。また、実習中の先生の多さには入学してからビックリしました。でも先生の多さは、1人1頭でトリミングの実習を行うので、近くに先生がいてくれる環境が大切だと実感しました。そして、気になることは近くの先生に確認できるし、それぞれの先生のアドバイスも的確でわかりやすい。だから、犬の保定の仕方など、犬によって違うことや、先生の犬の扱い方を教えてくださるので、入学当初より犬たちの扱い方が良くなってきています。でもそれだけではなく、接客技術も身につけなければトリマーにはなれないので、カコの先生のように「明るく・元気で・笑顔」をまずは身につけ、そして2年生になってからの接客実習でお客様とやり取りをたくさん経験して接客応対を身につけたいと思っています。
青木小百合さん
トリマー科2年
青木小百合さん
神奈川県立弥栄高等学校出身
自分が大好きな動物たちの近くにいれるトリマーになりたいと決めて、カコに入学しました。
私は、小さい頃から動物が大好きで近くのペットショップに遊びに行って、トリミングしているところをよく見ていました。また自宅に愛犬もいたので、ペットショップにカットをお願いしてキレイになって帰ってきたときは毎回とっても嬉しくて、「トリマーさんってすごいな!」と感動したのを今でも覚えています。そのお店ではトリミングに預けると愛犬のトリミング中の様子や美容内容が書いてあるチェックシートを渡されるのですが、それを見るのも楽しくて好きでしたね。そして、高校生になって進路を考えるときに大学進学と迷ったのですが、最終的には自分が大好きな動物たちの近くにいれるトリマーになりたいと決めて、カコに入学しました。現在は2年生になり、先日ペットショップへの就職も決まり、憧れのトリマーに一歩ずつ近づいていることを実感しています。これからの目標は、大好きな動物とお客様に信頼されるトリマーになることです。お客様が「また、このお店に来たい!」といってもらえるお店を作っていきたいと思っています。
西野悠稀さん
トリマー科2年
西野悠稀さん
神奈川県立伊勢原高等学校出身
校内にモデル犬たちがいて、すぐに確認できる環境はとても大切です
カコには校内に250頭のモデル犬が飼育されていて、その飼育管理を私たち1年生が担当しています。先日、座学の「犬学」でポメラニアンを学びましたが、たとえば毛色について勉強したあと、モデル犬たちの部屋に入って実際にポメラニアンを見ると「なるほど!」と思います。校内にモデル犬たちがいて、すぐに確認できる環境はとても大切です。また、校内のモデル犬たちがいるからこそ、たくさんの犬をトリミングできて、犬を上手にコントロールできたとき、やりがいを感じられます。それも、毎日私たちを見てくださるカコの先生たちのおかげです。カコに入学するときに高校の進路の先生からトリマーになるならカコに行くように指導され、素直に入学してみると、魅力ある先生たちばかりで、授業を受けてみて理由がわかりました。将来はペットショップに就職してトリマーとして頑張っていきたいので、トリミング技術だけでなく、挨拶や言葉遣いなどのマナーを身につけ、飼い主様に信頼されるようになりたいです!
向井優里奈さん
トリマー科2年
向井優里奈さん
神奈川県立平塚湘風高等学校出身
入学してから初めて犬の出産を見ました
カコに入学してから初めて犬の出産を見る機会がありました。最初は緊張や怖さもありましたが、今では何度も出産を経験しているので、出産のときのサポートの仕方や注意する点などを先生から聞いて、犬の出産にいつでも立ち会えるように勉強をしています。また、2年生になって産室管理実習も始まり、生後間もない仔犬から数ヶ月の仔犬まで50~100頭ほどの育児をしています。仔犬のお世話の授業前は、いつもウキウキ・ワクワクしてとっても楽しみな授業です。実習では離乳食作りや排泄、健康チェックなどを分担して行なっていますが、仔犬の成長は本当に早くて1週間見ないだけで大きさが全然ちがってビックリすることもあります。ただ、仔犬のお世話は成犬に比べるとチェックするポイントや注意事項が多くて実習を通して難しさも知りました。わたしは、トリミングはもちろんですが健康チェックや飼育までできるトリマーになりたいと思っているので、毎日のお世話の授業でまずは学校のモデル犬たちの健康を守れるように頑張っていきます。
田村朝美さん
トリマー科1年
田村朝美さん
神奈川県立横浜立野高等学校出身
今では、動物の健康状態がわかるようになりました!
私は、今まで犬を飼った経験がなかったので、犬の知識や扱い方など入学するまで何も知りませんでした。入学当初は不安な気持ちもありましたが、毎日学校で飼育されているモデル犬たちのお世話を行なっていくので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もついてきました。授業では、健康管理として便や尿の状態を見て健康チェックをしたり、体格や食欲、皮膚のチェックなど様々なところを見て動物たちの健康を守っていきます。すると、動物の飼育管理中に、最初は気づくことができなかった犬の状態がわかるようになってきました。そして何か気づくと、すぐに専属の獣医師に報告をするようにしています。私たちが気づいてあげることで犬たちが健康を維持できるので、これからも些細な異変も見逃さないように観察していきたいです。
錦織里奈さん
動物看護科1年
錦織里奈さん
神奈川県立大和東高等学校出身
飼い主様にわかりやすくアドバイスができる知識をしっかり身に付けたい
私が好きな授業は看護実習ですが、そのなかでも薬理学実習は特に興味があります。薬理学実習は様々な実習を行いますが、今はシリンジに針を付けて薬液を吸う練習を強化中です。必要量を正確に準備できるように、少し時間を多くとって練習をしていますが、この作業は本来短い時間で素早く準備をしなければいけないので、もっともっと練習を重ねて慣れていきたいと思います。その他にも薬理学実習では薬を準備して実際に犬に投薬をしますが、犬がなかなか薬を飲んでくれないこともあります。薬の種類も様々で甘くて飲みやすいものから、苦くて飲みにくいものもあるので、犬たちの様子を見ながらフードに混ぜたり、直接口に入れたり、水に溶かしたり…と、いろいろな方法を試しています。この投薬の仕方について私が苦戦していることは、飼い主様がご自宅で投薬するときに苦労する所だと思います。動物看護師は飼い主様と話をすることも多い仕事なので、将来しっかりアドバイスができるように、私自身が技術を習得しておきたいと思います。
品田美波さん
トリマー科2年
品田美波さん
神奈川県立厚木商業高等学校出身
お客様との接客の時間が楽しみです!
1年生の時には校内のモデル犬をトリミングしていましたが、2年生に進級してお客様の愛犬を担当させてもらうようになってからは、学校のモデル犬との違いに戸惑うことがありました。例えば、お客様の愛犬は初めて会う犬ばかりで性格がわかりません。また、学校のモデル犬は全身毛玉や爪が伸びているということはないのですが、お客様の愛犬は状態が様々です。実はトリミングの技術で悩んだ時期も少しありましたが、お客様にわんちゃんをお返しした時に喜んでいただけるととても嬉しく、「ありがとう」という言葉で、“明日も頑張ろう”と前を向くことが出来ました!なかなか実際のお客様とふれあえる機会は得られないので、2年生になってから本物のお客様と接客することはとても貴重な時間です。また、私はとにかくトリミングが大好きなので、好きな犬のことを学べていること自体とても幸せですし、学校生活が本当に充実していて毎日が楽しいです。卒業まで半年を切り、この幸せな学生生活が終わってしまうという寂しさや、社会に出る不安はありますが、学び残すことがないように1日1日を大切に過ごしていきたいです。
大村真澄さん
夜間部トリマー科2年
大村真澄さん
夜間部の授業について
私は、保育士を20年ほど続けているのですが、昔から動物が好きだったということもあり、将来的に近所の愛犬をトリミングできる技術も身につけたいと思って、現在、夜間部トリマー科に通っています。「仕事をしながら勉強するのは大変でしょう?」と言われることがあるんですが、それが全くと言っていいほど大変と思ったことがなくて、学校生活は楽しいです。夜間部は20~40代くらいまで様々な世代が在籍しているのですが、人数が少人数ということもあって、みんな仲が良くアットホームで通いやすいのもいいですね。授業もとても充実していて、犬の骨格や犬種ごとの特徴を学ぶ“獣医学”や“犬学”、1人1頭で学べる“美容実習”は、入学当初なかなか犬が扱えなくて苦労もしましたが、毎日犬とふれあって犬の行動や気持ちがわかるようになると段々と扱い方が上手になってトリミングも今では仕上げまでできるようになりました。私もそうですが、将来について迷っている人も多いかと思いますが、自分が好きなことを学べる毎日はとても楽しいですし、充実しています。動物が好きで、動物に関わる仕事をしたいと思っている方は、夜間部トリマー科おすすめですよ。
入学案内
  • イベント情報 体験セミナー・授業見学
  • カコブログ
  • カコの自慢の生徒たちにインタビュー!
  • 校内のモデル犬紹介
  • カットモデル犬募集中
  • 企業の方へ 求人票様式PDFはこちら
  • 友だち追加