カコトリミングスクールトリマー科の在学生が授業の裏側まで教えます

HOME > 学生インタビュー > トリマー科

トリマー科

モデル犬たちと一緒にいられる時間がとても幸せ!
トリマー科1年
讃渡菜々さん
東京都立野津田高等学校出身
トリマーを目指すと決めたとき、“自宅で犬を飼っていない”という不安が1つだけありました。でもカコトリミングスクールの体験セミナーに参加してみると、校内に250頭のモデル犬が飼育されていて、毎日犬とふれあえる事を知り、すぐにその不安は解消されました。しかも、カコには授業時間外でもモデル犬とふれあえる“カコクラブ”があります。入学前からカコクラブに入部をしようと思っていましたが、実際入部すると授業時間外でモデル犬たちと一緒にいられる時間がとても幸せです。でもただふれあっているわけではありません。散歩中の歩き方や排泄物の観察など健康チェックをする機会も増え、犬の体調管理ができるようになり、動物のプロになるために役立っているなと実感します。また、わからない所は先輩が優しく教えてくれるので、それも自分の勉強になっている毎日です。授業だけでは接する機会がなかった先輩や動物看護科のみんなと話をすることも良い刺激になりますし、先生方が企画してくださるカコクラブのイベントも本当に楽しいです。これからも自分自身も楽しみながら、カコクラブを盛り上げていきたいと思います!
仔犬が誕生したときの感動は今でも忘れません!
トリマー科2年
渡部琴音さん
川崎市立商業高等学校出身
1年生は成犬のお世話をしていましたが、2年生に進級すると、妊娠犬や生まれた仔犬たち、そして子育て中の母犬のお世話が中心になりました。母犬のお世話をする時に気を付けていることは、産後の母体の体力回復具合や母乳の出を確認することです。お部屋には小さな仔犬もいるので、衛生面をこまめにチェックして、体のお手入れが必要であればすぐに行なうようにしています。母犬には健康な状態で子育てをしてほしいですし、きれいな状態を保ってあげることで、仔犬たちも快適な環境で育つことができるので気を付けて毎日お世話をしています。そして今、一番幸せを感じるのはたくさんの仔犬たちとふれあっている時間です。ただ、仔犬のお世話は“かわいい”や“幸せ”という気持ちだけではつとまらないので、細かい所も見逃さないように気を引き締めて観察しています。また、入学時から仔犬の誕生に立ち合う機会が何度かあり、ダックスフンドの赤ちゃんの臍(へそ)の緒を結んで体をきれいにした経験は今でも鮮明に覚えています。命の誕生に感動したと同時に、私たちに貴重な経験をさせてくれた母犬には、「本当にありがとう!」という気持ちになりました!
250頭のモデル犬を毎日飼育管理しています。
トリマー科1年
網谷沙希さん
神奈川県立伊勢原高等学校出身
カコの校内で飼育されている250頭は毎日私たち1年生がお世話しているのですが、入学して半年経った今でも飼育中に新しい発見があって充実した日々を送っています。そして、学んだからこそわかるのは、トリマーといっても動物のプロなので、“飼育(お世話)”することが特に重要だということです。飼育管理では、入学してすぐに犬舎の掃除方法や健康チェックの基本を学び、毎日モデル犬の様子を見ることで、掃除のスピードが速くなってきました。次第にモデル犬の爪や耳・皮膚の状態を確認する余裕が出てきたり、排泄物の匂いや色などを見て正常・異常を判断できるようにもなり、今ではトリミング前に犬の状態をチェックできるようになってきたと思います。また、仕事の時間配分、そしてどのように動けば効率が良いのかを考えて動けるようになってきたので、今後は自分の事だけではなく、まわりの人の動きやチームワークを意識していきたいと思っています。何もできなかった私が、少しずつ犬の観察力や飼育に自信が付いてきましたが、それでもまだまだ勉強中の段階なので、今後も引き続きカコにいるモデル犬の力を借りて、たくさんの事を吸収していきたいです。
一般常識も兼ね備えたプロトリマーになりたいです!
トリマー科1年
多和田未来さん
東京都立瑞穂農芸高等学校出身
カコではトリマーになるための技術や知識だけでなく、社会に出るための一般常識やマナーを学べます。高校の頃からアルバイトをしていたので、お客様と会話をすることは慣れていると思っていましたが、改めて一般常識を見直すと、その重要性や、挨拶・言葉使い・笑顔など、まだ自分には足りない部分が多いことに気づかされました。そこで、今では気持ちの良い挨拶、そして常に笑顔でいることを心がけ、言葉使いは尊敬語・謙譲語・丁寧語の使い分けがしっかりできるようにいつも意識をしています。実はカコの先生方はトリミングの技術はもちろん、こうした社会に出るためのマナーもしっかりと教えてくださいます。時には厳しい指導もありますが、改善できた時に褒めていただいたり、一緒に喜んでくださる先生のことが大好きです。以前はトリマーという仕事は表面上しか知らなかったので、犬をきれいにするだけの仕事だと思っていましたが、トリマーは“お客様の信頼あっての仕事”で、マナーも人間性も大切だということがわかりました。今後は先生方をお手本として、一般常識も兼ね備えたプロトリマーになれるようにこれからも努力していきます!
お客様に喜んでいただける接客にやりがいを感じています。
トリマー科2年
梅田僚太さん
東京都立小川高等学校出身
中学生の時からの夢を叶えるためにカコトリミングスクールに入学をしました。いざ授業が始まってみると、自分の中では頑張っているつもりでしたが、周りのみんなの意識の高さ・目標に向かって努力をする姿に刺激を受けて、自分の甘さに気が付き授業に取り組む姿勢が変わりました。特に美容実習では、自分の苦手な作業を徹底的に練習して、何度も先生に質問をしました。また、逆にできた所や仕上がりに自信がある所も見ていただいて、アドバイスをいただくことも心掛けました。そして何よりクラスメイトは良いライバルなので、時間配分やカットのラインなどを人と比べることで、モチベーションを上げています。また、2年生から始まる本物のお客様との接客実習もとても楽しく、些細な会話から自分が勧めたカットスタイルや商品を喜んでいただけることにもやりがいを感じます。僕は全国に店舗を持つ会社に就職が決まっているので、色々な地域でたくさんのお客様とふれあいながら、トリマーとしての技術を上げていきたいと思います!
しつけの授業はとても貴重な知識と技術を学べる、仕事に直結する授業です!
トリマー科2年
小笠原未来さん
神奈川県立上鶴間高等学校出身
私は今まで家で犬を飼ったことがなかったので、学校で学ぶ行動学やしつけの授業がとても新鮮でした。
以前は、犬はトイレを自然に覚えるものだと勘違いしていましたし、飼い主さんがしつけの何について困っているのかがわかりませんでした。それが授業を受けるごとに、トイレのしつけ・留守番中のいたずらや無駄吠えなどの問題行動が出る場合があることを知り、その改善方法を勉強してきました。1年生の時に行動学で犬の習性を学び、ドッグトレーニングセミナーではしつけを実際に見て勉強し、2年生のしつけ研修旅行では自分たちもしつけの実践をしました。しつけをするときの犬とのコミュニケーションの取り方、トイレトレーニング、散歩のマナー、アジリティーなどを全般的に学び、今では飼い主様からどんな質問があがっても答えられるようになってきたと思います。また、犬の行動学を学んだことでトリミングに活かせる部分もたくさんあり、犬が嫌がった時の対応方法が増え、叱る・褒める時のタイミングも使い分けられるようになりました。行動学やしつけの授業はとても貴重な知識と技術を学べる、仕事に直結する授業だと実感しています。
犬の知識と技術を兼ね備えたトリマーになりたい。
トリマー科1年
米澤 舞さん
神奈川県立生田東高等学校出身
私は、もともと犬が大好きで昔から犬の雑誌や図鑑を見ることが趣味だったので、カコトリミングスクールに入学して犬学(けんがく)が始まると、ますます犬の知識について興味を持ち惹かれるようになりました。犬学は、各犬種の歴史や理想のサイズ・毛色・特徴などを細かい知識を学ぶ授業ですが、カコでは学んだだけでなくすぐに校内のモデル犬で確認できるので、少しずつプロの目線で犬を観察できるようになってきたと感じています。また、知識だけでなくトリミング実習も日々頑張っていますが、入学前から自宅で飼っている犬の爪切りやシャンプーを自己流でしていたころと比べ、仕上がりが全然違うことを実感しています。プロになるためには知識も技術もしっかり学ぶ必要があり、毎回の授業がトリマーへの道を1歩ずつ進んでいると思うと喜びを感じる毎日です!今までは“趣味”として接してきた動物の世界ですが、今後は“仕事”として自分のものにしていかなくてはいけないので、正しい技術を真剣に学んで、信頼されるトリマーを目指したいと思います。
カコの先輩のようなトリミング技術と接客応対を身に付けたいです。
トリマー科2年
小野郁美さん
神奈川県立平塚商業高等学校出身
2年生に進級して、大きく変わったところは美容実習の内容です。1年次は校内のモデル犬をトリミングしていましたが、2年生はお客様の愛犬を実際にお預かりしてトリミングをします。今まではトリミングの技術をあげることに集中していましたが、自分の技術でお客様が仕上がりに満足いただけるかが気になるなど、とにかく責任感が違うと感じています。また、そのお客様との接客は私たち2年生が行います。最初はお客様から見た自分の印象、接客時の会話力など、心配な点はたくさんありましたが、実際に始まってみると、お客様が優しく接してくださるので接客はとても楽しいです。カコではお客様と接する時間が多いので、接客のスキルも上がってきましたし、ワンちゃんをお返しする際に喜んでくださると次も頑張ろうとやる気に繋がります。私が内定を頂いている就職先にはカコの卒業生が働いていて、その先輩はお店で1番お客様から指名される回数が多く、中には片道2時間かけて通われているお客様もいます。トリミングはもちろん接客している姿を間近で見ていて、強い憧れを持っています。日々の授業をしっかり学んで、カコの先輩のようなトリマーになれるよう、頑張ります。
トリマー兼動物看護師として就職が決まりました!
トリマー科2年
山田佳奈さん
神奈川県立湘南台高等学校出身
私は入学前から、動物病院で働くトリマーに憧れ、夢を叶えるためにカコのトリマー科に入学しました。カコではトリマー科でも獣医学が学べ、動物看護についても身に付くこともあり充実した学校生活を送っています。2年生になり就職活動が始まると同時に、学校求人を見て動物病院に現場実習に行きました。実習先の動物病院では診察や検査、手術などを何度か見学する機会があり、時々、私に出来るのだろうかと不安にもなりました。それでも“大好きな動物たちのために頑張りたい”と思い就職希望を伝えたところ、トリマー兼動物看護師として内定を頂きました。内定先の動物病院は医療設備が整っていて、獣医師も近くにいる環境でのトリミングなので若くて元気な犬はもちろん、高齢のわんちゃんの飼い主様も安心なので今から楽しみです。ただ、病院というだけで動物には怖がれてしまう事もあると思うので、動物に安心してもらえるように常に笑顔でいることを今から心掛けています。学校生活もあと半年。私自身が内定を頂いた病院の雰囲気・スタッフさんたちの人柄に魅力を感じたように、今後、私の事も飼い主様にそう感じて頂くことが目標です!
自分で努力をすればするほど成果が出る美容実習が一番好きな授業です!
トリマー科1年
江塚真子さん
神奈川県立市ヶ尾高等学校出身
トリマーになるためには犬をきれいにするだけではなく、掃除や接客などたくさんのことを身に付ける必要があります。そのためカコではいろいろな授業を学びますが、私はやっぱりトリミング実習が大好きで、毎回の授業がとても楽しいです。ただ思い返すと、最初の頃は犬によって動きや性格が違うので、犬を上手にコントロールできないこともあり、自分にはできないかもしれないと不安になってしまった時期もありました。でも、カコの校内には250頭のモデル犬がいるので、いろいろな性格の犬たちとふれあうことで、段々と犬がいうことを聞いてくれるようになりました。そして何よりも、大好きな犬を自分の手できれいにできるという達成感を感じられるようになったので、自分で努力をすればするほど成果が出る美容実習が一番好きな授業になりました。もちろん、やりがいを実感し始めた美容も大切ですが、カコの授業は全てプロトリマーへつながるので、どんな授業も真剣に取り組んでいきたいと思います。
犬の出産を通してトリマーに対する意識が変わりました!
トリマー科1年
新倉桃笑さん
神奈川県立緑園総合高等学校出身
カコに入学をして、「犬の出産が見たい!」とワクワクしていると、すぐにその日がやってきました。もうすぐ出産する陣痛中の母犬に合わせて一緒に呼吸をするなど、クラスメイトと静かに応援を続け、ついに出産に立ち会うことができました!生まれる瞬間を目の当たりにして、自然と涙がこぼれ、母犬には「頑張ったね」と思わずみんなで拍手をしました。今でも最初に出産に立ち会った事は鮮明に覚えています。その後も何度か出産に立ち合うことができ、改めて命の誕生の素晴らしさを感じています。そして、ますます大好きな犬のことを知りたいと思い、犬のしつけの授業でもある行動学という講義に興味を持つようになりました。犬を飼ったことがない私は、犬の習性やしつけの方法を知りませんでしたし、飼い主様の困っていることや疑問がわかりませんでした。だからこそ、たくさんの授業を受け、カコの校内にいるモデル犬たちとふれあいたいながら学びたいと思っています。そして、動物のプロとしての知識をしっかり身に付けてから、全ての犬たちが幸せに暮らしていけるサポートができるトリマーになりたいです。
大好きな動物・友人・先生達と毎日楽しい学校生活を送っています!
トリマー科2年
猪口美波さん
神奈川県立百合丘高等学校出身
高校生の時にトリマーを目指そうと決めて、カコの体験セミナーに参加をしました。実際に学校を見学すると、校舎がとてもきれいで、先輩方のトリミング姿は真剣でかっこ良く、そして1人1頭で実習ができる、250頭のモデル犬という飼育頭数の多さに魅力を感じてカコトリミングスクールに入学を決めました。入学して半年ほど経ちましたが、入学前にイメージをしていた学校生活そのままで、とても楽しい毎日を送っています。カコの先生方はみんな明るくて優しいですが、授業中は厳しく指導をしてくださいます。トリマーという生き物を扱うプロになるためには、真剣に指導していただける環境がとてもうれしく、いつも新鮮な気持ちで授業に臨んでいます。ただ、少しだけまわりの友人と自分を比較して技術の差に悩んでしまった時期がありました。でも、担任の先生は私の相談をいつも最後まで聞いて下さり、体験談も含めて的確なアドバイスをしてくださるので、先生と話をするだけでとても気持ちが軽くなりました。クラスメイトにも恵まれ、好きな動物の授業を毎日受けられる今こそが、これまでの学校生活中で1番楽しいです!
座学で基礎を学び、実習に繋げます!
トリマー科1年
後藤わかなさん
神奈川県立山北高等学校出身
1年次はトリミング実習や飼育管理実習などの他にも様々な講義があります。
例えば1人1頭でトリミング実習できる環境があっても、道具の使い方や犬種ごとの具体的なトリミング方法を知らないと、どのようにトリミングしたらいいかわかりません。そこで、まずは教科書で理論を学び、その後映像を見ながら解説を受けます。カコの教材ビデオは言葉で理解できなかったことでもイメージが付きやすく、しかも自分でトリミングしている目線で映像が作られているので、「この前DVDで見た所だ!」と、すぐに実習に使えるのでトリミングがもっと楽しくなります。
また、犬の詳細な知識を学ぶ犬学の授業も今まで知らなかったことを学べる嬉しさや、原産国・骨格・サイズ・毛色など様々なことを学んでいく中で、トリマーとして必要な事は、美容の知識や技術だけではないと知りました。
犬とふれあいながら技術を学ぶことはもちろんですが、初めて行う作業の前に、座学で基礎を教わることも大切なんだと改めて実感しました。
まだまだ勉強中ですが、1年生のうちに基礎をしっかり固めて、犬の気持ちがわかるトリマーになりたいと思います。
毎日のお世話で犬とコミュニケーションがとれるようになりました!
トリマー科1年
大藪あやかさん
神奈川県立大和南高等学校出身
カコの校内には約250頭の成犬が飼育されていますが、1年生はそのモデル犬のお世話を担当する飼育管理実習があります。
飼育管理実習は、1頭1頭のお部屋を掃除しながらモデル犬を観察するのですが、初めのうちは性格・体格・体質などがそれぞれ違う中でバタバタしながら健康チェックしていました。でも、今では1頭1頭に合わせたお世話ができるようになり、体格・皮膚・被毛・食欲などの細かい健康チェックが早くできるようになりました。
そして何よりも実習後にモデル犬たちがきれいになった部屋で喜ぶ姿を見ると、とても嬉しいですし、このかわいいモデル犬たちを自分たちの手で守っているんだと実感します。
入学してから半年たちますが、トリマーの勉強をすればするほど、犬と人とのコミュニケーションがとても大切だと気づかされました。言葉が通じないからこそ、こちらが犬の気持ちを読み取る必要がありますので、毎日行なう飼育管理も犬の立場になり、何が必要で、どんな事に気をつければ良いのかを意識してお世話するようにしています。大好きなモデル犬たちとたくさんふれあいながら学べる環境は私にとって最高です!
小学生の頃からの夢だったトリマーになるために、日々頑張っています!
トリマー科1年
伊藤あかりさん
神奈川県立相原高等学校出身
小学生の頃に飼い始めた犬をふんわりときれいにしてもらったことに感動して、トリマーに興味を持ち始めました。その後、トリマーさんとの会話で犬を飼う悩みが全て解決していき、次第に憧れの職業になりました。実はその時に担当してくれたいつも親切なトリマーさんはカコの卒業生で、技術や知識が豊富だったことから、トリマーを目指すと同時にカコトリミングスクールへの入学も決めていました。
入学してから半年たちますが、毎回違うモデル犬を扱ってみると、犬によってこんなに動きが違うと思わず初めのうちは苦戦の連続。全てが手探りだったのでわからない事ばかりでしたが、1人1頭で実習でき、すぐに先生に質問できる環境がカコには整っているので、出来る事が徐々に増えていきました。
シャンプーや爪切りなどの作業自体が出来るようになってくると、今度は「時間内に終わらせよう!」と目標も高くなり、今では、トリミングが終わってきれいになった姿を見てやりがいを感じるようにもなりました。
もうすぐ2年生になりますので、いよいよ本物のお客様との接客や美容が始まります。私が憧れたカコの先輩に少しでも近づけるように頑張りたいと思います!
お客様との接客の時間が楽しみです!
トリマー科2年
品田美波さん
神奈川県立厚木商業高等学校出身
1年生の時には校内のモデル犬をトリミングしていましたが、2年生に進級してお客様の愛犬を担当させてもらうようになってからは、学校のモデル犬との違いに戸惑うことがありました。例えば、お客様の愛犬は初めて会う犬ばかりで性格がわかりません。また、学校のモデル犬は全身毛玉や爪が伸びているということはないのですが、お客様の愛犬は状態が様々です。
実はトリミングの技術で悩んだ時期も少しありましたが、お客様にわんちゃんをお返しした時に喜んでいただけるととても嬉しく、「ありがとう」という言葉で、“明日も頑張ろう”と前を向くことが出来ました!なかなか実際のお客様とふれあえる機会は得られないので、2年生になってから本物のお客様と接客することはとても貴重な時間です。
また、私はとにかくトリミングが大好きなので、好きな犬のことを学べていること自体とても幸せですし、学校生活が本当に充実していて毎日が楽しいです。
卒業まで半年を切り、この幸せな学生生活が終わってしまうという寂しさや、社会に出る不安はありますが、学び残すことがないように1日1日を大切に過ごしていきたいです。
動物が好きから始まったトリマーの道。技術を伸ばして信頼されるトリマーを目指します!
トリマー科1年
鈴木明人さん
東京都立秋留台高等学校出身
トリマーになろうと思ったきっかけは、もともと小さい頃から「動物が好き」ということと、高校生の頃に高校の進路ガイダンスでカコの先生方が来てくださり、目の前でトリミングしている時の姿がとても格好良く、その姿に憧れたからです。
そして何よりも、好きな犬と関わり、犬のためにしてあげられることがたくさんある職業でもあるからです。トリマーは、まだまだ男性が少ない職業になりますが、その中で自分がどれだけできるのか挑戦したいとも思っています。

そして、カコで美容の技術はもちろん、お世話や接客などの技術をしっかりと学んで、将来は『あなたに任せたい』と言っていただけるような信頼されるトリマーになりたいと考えています。
カコクラブは部員全員が仲良く活動しています!
トリマー科2年
中野由花さん
東京都立富士森高等学校出身
私は犬を飼ったことがなかったので、たくさんの犬とふれあえるカコクラブに興味があり、入学してすぐに友人と体験入部に参加をしました。先輩方の仲の良い雰囲気がとても印象的で迷わず入部を決めました。
カコクラブでは、ドックランでモデル犬たちのお散歩だけでなく、仔犬のお世話やモデル犬の体のお手入れなどをしています。
カコクラブで毎日犬とふれあうことで、様々な性格の犬を見ることができ、犬とのコミュニケーションの取り方が、もっとわかるようになりました。また、犬が散歩している時の歩き方や排泄物のチェックを繰り返し行うことで、健康チェックが自然にできるようにもなりました。
たくさんのモデル犬をお散歩に出し、大好きな犬たちと遊ぶことこそが、トリマーとしての技術・経験に繋がっていることがとても嬉しかったです。
2年生になった今年はカコクラブの部長として、学科や学年が違う部員たちをまとめてきました。先輩・後輩の役割もしっかりしつつ、和気あいあいとしたクラブの雰囲気が続くよう、卒業まで、そして卒業後も部員たちと良い人間関係を築いていきたいと思っています。
今では、動物の健康状態がわかるようになりました!
トリマー科1年
田村朝美さん
神奈川県立横浜立野高等学校出身
私は、今まで犬を飼った経験がなかったので、犬の知識や扱い方など入学するまで何も知りませんでした。入学当初は不安な気持ちもありましたが、毎日学校で飼育されているモデル犬たちのお世話を行なっていくので、犬の扱い方にも慣れ、徐々に自信もついてきました。

授業では、健康管理として便や尿の状態を見て健康チェックをしたり、体格や食欲、皮膚のチェックなど様々なところを見て動物たちの健康を守っていきます。すると、動物の飼育管理中に、最初は気づくことができなかった犬の状態がわかるようになってきました。そして何か気づくと、すぐに専属の獣医師に報告をするようにしています。私たちが気づいてあげることで犬たちが健康を維持できるので、これからも些細な異変も見逃さないように観察していきたいです。
お散歩はモデル犬にとっても、私にとっても楽しい時間です!
トリマー科1年
丸彩奈さん
神奈川県立生田東高等学校出身
ドッグランでは、天気の良い日に250頭のモデル犬たちを順番に連れて、大きなサークル内に放します。モデル犬たちの健康のためにも適度な運動は必要ですし、他の犬と遊ぶ事で犬同士の社会性も身につきます。また、私達生徒にとっても、犬への観察力を高める場でもあります。

犬達が元気に走り回ったり、じゃれあったり、一緒に遊んだりすることで、一頭一頭の性格や特長などがわかるようになります。性格がわかると、犬の扱い方やコミュニケーションのとり方もスムーズにできるようになりました。ドッグランでの時間から犬たちにたくさんのことを教えてもらい、それがプロトリマーへの勉強につながっていることを実感しています。
仔犬たちがスクスクと成長している姿を見てると、自然と笑顔になってしまいます!!
トリマー科2年
小林 愛望さん
東京都立忠生高等学校出身
カコには、校内にたくさんの仔犬たちが飼育されていて、目も耳もまだ開いていない生まれたばかりの仔犬のお世話から私たち生徒が毎日行なっています。

授業では、成長の段階に合わせて離乳食を作ってあげたり、体重測定や健康チェックなど仔犬たちの日々の成長を手助けしています。また、仔犬たちを清潔に保つためにシャンプーや爪きりなどの美容も行なっていくのですが、成犬に比べて体が小さく、細かい作業になるので集中して行なっています。

仔犬のお世話は思いのほか難しく大変ですが、仔犬たちがスクスクと成長している姿を見ているだけで、自然と笑顔になってしまいますし、今日もこの子たちのためにも頑張ろうという気持ちにさせてくれます。ペットショップではトリマーが販売している仔犬のお世話をすることもあるので、たくさんのかわいい仔犬たちを健康な状態でお客様にお渡しできるように、仔犬の健康管理や美容の技術をこれからさらに磨いていきたいと思っています。
色々なモデル犬との美容の時間は毎回楽しみです!
トリマー科1年
阿部恵弥さん
東京都立板橋高等学校出身
カコでは美容の時間、教室をお店と思って実習をしているので、私自身も作業をしながら元気に挨拶をしたり、犬への声かけや笑顔で何事にも対応をするなど、雰囲気作りを心掛けています。

また、美容は1年生の時から、学校のモデル犬を1人1頭で扱い、しかも毎回違う犬を担当していきます。犬種や性格が違う犬を扱いながら学べるので、その犬に合わせた押さえ方やコントロールの仕方がわかってくるようになってきました。最近では、自分の技術が身についてきたのか、犬たちが安心したような表情や行動をしてくれることが多くなってきて、毎回の美容の時間がとても楽しみです。

私は小学校の頃からペットショップに勤めたいと思っていました。その夢を叶えるために、これからもたくさん勉強して、どんな性格の犬たちも安心して身を任せてくれるようなトリマーになりたいと思っています。
飼い主様に信頼していただける接客力と技術力を、さらに身に付けたい!
トリマー科2年
石川 愛さん
東京都立府中西高等学校出身
初めは2年生と一緒に接客をしましたが、とても緊張していて、うまく話せませんでした。すかさず先輩が飼い主様にご要望を確認して下さったのですが、『もっと可愛く仕上げるために、こうしてみるのはいかがですか?』と提案も含めて接客をする、先輩の自然な笑顔がとても印象的でした。
卒業間近の先輩との実力の差を感じましたし、接客を実習で学ぶことの大切さが分かりました。いくら上手にカットができても、接客ができなければプロではありません。飼い主様から信頼していただけるような応対ができるように日々の授業で勉強中です。お迎えの接客で気を付けていることは、どんなに大変なトリミングだったとしても、身だしなみを整えて“お客様の前では疲れを見せないようにすること”です。お客様に不快感を与えず、気持ち良くご自宅に帰って頂きたいという思いがあるんです。それと、お客様に、『可愛い!ありがとう!』と言っていただける瞬間は本当に嬉しいですし、やりがいを感じます。カコでは、カットだけでなく接客まで一貫して学べ、まさにペットショップと同じ環境で勉強できるので就職してからも安心です。
一人一頭で美容ができること、それが最大の魅力です!
トリマー科2年
飛田 祐紀子さん
神奈川県立伊勢原高等学校出身
カコの魅力は“1人1頭”でトリミングの実習ができることです。1年生のうちは学校で飼育しているモデル犬を、2年生になるとお客様犬を担当し、在学中に本当に多くの犬を扱うことができます!

はじめは犬の扱い方が分からず、先生に頼りがちでしたが、先生方の丁寧で的確なアドバイスを元に、少しずつ自信もついてきました。今ではトリミングに慣れていないお客様の犬でも、1人1頭で繰り返し実習してきたおかげで、犬の性格やクセを見ながら、その犬に合わせた扱い方やコミュニケーションが取れるようになってきました。
また、たくさん声をかけてあげることで、緊張していた犬たちも徐々に私たちに心を開いてくれるようになります。犬たちが安心して身を任してくれるような行動をしてくれた時は、とても嬉しい瞬間です。

これからも、たくさんの犬とふれあいながら、犬たちが安心してくれるような技術をしっかりと身につけていきたいと思います。
実習は、毎回“1人1頭”犬の気持ちがわかるようになりました!
トリマー科2年
府川 晴香さん
神奈川県立山北高等学校出身
カコでは、1年生の時から美容実習は“1人1頭”で行なっていくので、犬の扱い方や耳掃除・爪切りなどのグルーミング作業も早い時期から身に付けることができます。

美容では、色々な性格の犬を扱っていくので、“どう接したらリラックスしてくれるか”を考えて、その子の性格にあった扱い方をすることがとても大切です。入学した頃は、犬たちが言うことをきいてくれずに大変でしたが、毎回“1人1頭”で扱っていくので、入学して少し経つと、最初はわからなかった犬の気持ちや扱い方がわかるようになってきました。2年生になった今、お客様の愛犬を担当していますが、飼い主様から離れ少し不安で怖がっている子も、トリミングをしながらコミュニケーションを取っていくと、最後には尻尾を振って喜んでくれるように犬たちの態度も変わってきました。

入学した時はゼロからのスタートでしたが、プロに近づいていることを実感しています。これからは、さらに技術を磨いて、動物たちが安心して身を任してくれるトリマーを目指します!
飼育管理をすることでモデル犬たちの健康状態の変化が分かるようになりました!
トリマー科2年
飯岡 友梨江さん
川崎市立商業高等学校出身
私は、犬を飼ったことがなかったので、学校に入学してから初めて経験することばかりで、「私に本当にできるのか」最初はとても不安でした。でも、カコでは校内に飼育している300頭のモデル犬のお世話をしていくので、自然と犬の扱い方や飼育方法を学ぶことができました。
今では、「頭で考えるより、体が勝手に動く」くらい素早く飼育ができるようになりました。また、健康な状態がどういうものかわかって、「いつもと違う!」という異変にも気づいてあげられるようにもなり、動物に対する知識と技術が身についているんだなと実感しています。今では、入学する前の不安は全くなくなって、犬の扱い方や飼育管理、美容まで自信をもって行なうことができるようになっています。

そして、将来は「このお店には、うちの子が喜んで行く」と飼い主様に言われるような、犬にも飼い主様にも好かれるトリマーになりたいです。
毎日笑顔で仔犬たちの成長をサポートしています!
トリマー科2年
久保田 望さん
神奈川県立瀬谷西高等学校出身
私は、カコに入学するまで生まれたばかりの仔犬を触ったことも見たこともなかったので、入学して初めて仔犬にふれたときには、とても緊張したのを今でも覚えています。

仔犬のお世話は、母犬が上手にお世話をできないこともあるので、食事のお世話から健康管理まで私たち生徒が行なっています。健康管理は、成犬よりも細かいところまで見てあげないと、体調を崩してしまうこともあるので、丁寧に観察をするように心がけています。

緊張感や責任もある授業ですが、仔犬たちの成長している姿を見ると毎日笑顔になってしまうので大好きな授業のひとつです。
仔犬を毎日お世話することで、その仔に合わせた美容ができるようになりました!
トリマー科2年
佐藤 真美さん
神奈川県旭高等学校出身
カコでは2年生になると学校の中で飼育されている仔犬の美容も行ないます。かわいい仔犬たちの美容は1年生の時から楽しみにしていた授業の1つでしたが、いざ美容をしてみるとその難しさに驚かされました。

仔犬は美容にも慣れていないので、動き回ってどこに行くか分かりませんし、体もデリケートですので「体が冷えすぎていないか」「体を支えている力は入りすぎていないか」など、成犬よりも多くの事に気を使いながら行なう必要があります。

今では、仔犬の飼育も毎日行なっているので、美容時の仔犬の動きや状態も把握できるようになって、その仔に合わせて美容ができるようになりました。こうして、できるようになったのは校内で出産から育児を学べる環境でたくさんの経験を積めたからです。

今もカコにはたくさんの仔犬がいて、毎日お世話をしながらスクスクと成長している姿を見るだけでも幸せな気分になりますが、プロとして仔犬たちの健康を守れるようにこれからも技術を磨いていきたいです。
最初苦手だった接客も今では自然に笑顔で行なえるようになりました!
トリマー科2年
有阪 史織さん
神奈川県立大井高等学校出身
私は、元々人見知りで最初は接客の授業は苦手でした。
ただ、トリマーはお客様相手の仕事になるので、私なりに積極的にお客様とコミュニケーションを取るように心がけていくと、お客様からいろいろなお話を聞けて、人と話すことの楽しさを感じられるようになってきました。楽しさがわかってくると、自然に笑顔も作れるようになり、声の出し方やトーンも変わったように自分でも感じています。

これからも在学中にたくさんのお客様と接して、お客様に「また、あなたに美容をお願いするわ」「ウチの子はあなたに会うのを楽しみにしているの」などと言っていただけるようなトリマーになれるようにがんばりたいと思います。
全ての授業が就職内定につながってると実感しました!
トリマー科2年
朝倉 瑠美さん
神奈川県立厚木北高等学校出身
就職に向けての授業は、1年生の早い時期から始まります。1年生の終わり頃には学長先生との面接があり、表情や姿勢、受け答えなど一つ一つ丁寧に面接のポイントを教えて頂ける機会もありました。

本格的に就職活動が始まるのは、2年生の春からです。今年もたくさんの求人票があり、その中で就職を希望していた動物病院から先日、内定を頂きました!トリマーは技術職なので、就職の採用試験として面接以外に現場での実習があるのですが、カコで学んだ、本物のお客様との接客や、日頃の挨拶・言葉遣い・身だしなみなどのマナー、そして一人一頭の実習、全ての授業があったからこそ内定につながったのだと思います!

私はトリマー科ですが、就職先の動物病院では、トリマー・動物看護師の両方の仕事をこなしていきたいと考えています。そのために、カコでの授業を1日も無駄にしないように今後もたくさんのことを先生方やモデル犬から学んでいきたいです!
たくさんの犬とふれあい、楽しみながら学んでいます!
トリマー科1年
高橋 美穂さん
神奈川県立菅高等学校出身
私は、今まで犬を飼った経験が一度もなかったので、授業以外でもたくさんの犬とふれあうことができるカコクラブに入りました。

カコクラブでは、主に学校のモデル犬を屋上のドッグランに出して、お散歩をしています。お散歩では、犬たちが楽しそうに遊んでいる姿を見ることができるのですが、その時には、犬たちの歩き方・行動やしぐさなどを観察して、健康チェックもしています。言葉を話すことができない犬ですから、様々な方法で自分の状態を伝えてくるんです。そのサインに私たちが、気付いてあげないといけません。入学してまだ半年ですが、犬とふれあう時間が多いので、徐々に犬たちが「何を言いたいのか?」がわかるようにもなってきました。

今まで犬とふれあう機会がなかった私が、こうして犬たちが求めていることに気付けるようなったのは、学校のモデル犬の飼育管理や美容実習などの犬を使った授業やカコクラブで多くの犬とふれあえるおかげです。これからもたくさんの犬とのふれあいを通して、動物たちが安心して身を任してくれるようなトリマーを目指して頑張ります!
動物たちの異変にいち早く気付いてあげられるトリマーになりたい!
トリマー科2年
吉川 映里香さん
神奈川県立有馬高等学校出身
動物飼育管理は犬舎(犬のお部屋)をキレイにするだけではなく、犬の排泄・体の状態を見て、犬の異常にいち早く気づけるようになるために、とても大切な時間だと実感しています。

入学当初は、掃除の方法や犬の健康管理の仕方も全くわからなかったのですが、1年間、毎日犬を見ることで「いつもと何か違う」という犬たちの異変に気づけるようになってきました。カコは250頭のモデル犬たちが校内にいるので、犬たちにふれ合いながら学べるので毎日とても勉強になりますし、犬たちの日々の成長が見られるのも楽しみです。

就職をすると、毎日同じ犬たちが来るわけではないので、初めてきた犬たちの異常にも気づけるように、これからさらに観察力を身につけていきたいです。

学生インタビュー 学生インタビュー
page top